MENU
お知らせ

BBクリームとCCクリームの名称の意味は?

BBクリームは、Blemish
Balmの略。Blemishは傷、Balmは香油という意味になります。美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの4役を1つで出来るスキンケアです。

CCクリームは、Color Control Cream(カラーコントロールクリーム)若しくは、Complete Corection Cream(コンプリートコレクションクリーム)。

BBクリームの進化系と言われているCCクリーム。
その明らかな違いと、効果はどうなのでしょうか。
上手く使い分けると肌が非常に生える、2つのクリーム。
明らかな違いと役目を把握し、効率的に利用してみましょう。


BBクリームの本来の役割

BBクリームが作られた目的は、傷痕をカバーしたり美容施術後の肌の色ムラをカバーする為に、作られたクリームです。
肌の欠点をカバーする、という意味合いに使う物で、コンシーラーのような役目を担っているクリームです。
マットに仕上げる為に、パウダーが配合されています。
その為、明らかに塗っている!と解る風貌になります。
顔全体に広げて塗ると、しっかり塗っている感が出て、自然なメイクとは程遠くなってしまいます。


CCクリームの本来の役割

CCクリームは、色を補正する事で周囲の肌色と馴染ませて、肌の欠点をぼかしてくれます。
いわゆる、塗る事で肌の色ムラをカモフラージュさせる事が出来ます。
クリームの色合いで肌色を決めるBBクリームと違い、CCクリームは元から持っている肌の色と調和させて肌色を綺麗に見せる事が出来ます。
全体的に肌のトーンが上がり、明るくなります。ccクリーム おすすめなどもいろいろ出ています。

肌を潤わせて、滑らかにする事が出来るので、シワ等が無くなり、乾燥肌やエイジングケアにも役立ちます。

肌を潤わせる力を持っているので、潤い効果のある美容液に色補正効果をプラスさせたようなクリーム、と言った方が正解かもしれません。

自分の肌色と上手く馴染ませる事が出来るので、スッピンのような自然な肌に仕上げてくれます。
その自然に馴染む感じは、ナチュラル系メイクとしても使う事が出来ます。


似たような役目なのに、その仕上がりは全くの逆

BBクリームは、色が肌に明らかに付くので、カバー力がとても高いと言えるでしょう。
傷やシミを綺麗にカバーしたい方には、断然BBクリームがお勧めです。

CCクリームは、BBクリーム程のカバー力はありません。
目立つシミや傷は、完璧には隠しきれないと言えるでしょう。
しかし、今流行りのナチュラルメイクに仕上げたい場合は、断然CCクリームの方がオススメです。
あまりのナチュラルさが気になる方は、その上からパウダーをはたいて綺麗に仕上げている方もとても多いです。